裁判員経験者ネットワークは裁判員経験者の交流ネットワークです。
Copyright(C) Saibanin-keikencha-net. All rights reserved 
web018001.gif katudoushoukai.gif touroku.gif toiawase.gif
・お問い合わせ
・サイトマップ
・プライバシーポリシー
・HOME
logo.gif

日時:2011年11月3日(木・祝)13:3016:30

所:東京都

参加者

・裁判員経験者:3名

・弁護士、臨床心理士が同席

 

■第4回裁判員経験者交流会(2011/11/3実施)の報告・感想

■交流会参加者の報告・感想
 
●第4回「裁判員経験者交流会」に参加して  小田篤俊(裁判員経験者)
 
今回の参加メンバーは既に何度か顔を合わせているメンバーなので今回は自由に意見を述べる方式で行われました。第3回から今回までの間には東日本大震災があり、それぞれの約半年の過ごした様子やその期間の裁判についての感想や思いを語り合いました。

少しでも多くの経験者の皆様が参加できるように第5回目、6回目の日程をあらかじめ決めました。

 

裁判員経験者は日に日に増えていますが、その声が市民にどの程度伝わっているのでしょうか。制度の賛否はともかく、通知を受け取った後に本格的に向き合うことになる裁判員制度について、その様子を経験者から聞いてみたいと私は思いました。しかし、その当時は情報が全くありませんでした。今後、裁判員になり得る皆様から質問を受けた時に可能な限りお答えしたいと思い、経験者ネットワークに参加するようになりました。経験したことをそのままにして記憶が薄れていくことがないように、交流会に参加することで定期的に裁判のことを思い出し、考えを整理する機会であることを今回認識しました。弁護士、臨床心理士の方々も同席されているので裁判員を経験しての悩みや疑問にも答えていただける貴重な場だと思います。

裁判は決して他人事ではなく、自らが法廷に立つ事になることも充分考えられます。そのための準備というわけではありませんが、知っておいて損ではないと思います。裁判員を経験した声を伝えることで、より良い社会になることを望んでいます。